今日のお仕事

2006/1月2月3月4月5月6月7月

2005年の日記


月をクリックすると、その月の仕事日記にジャンプします

06.6.8 びっくりメール
久しぶりに演出をやることになって、作画打ち合わせをし
てきまし た。何ヶ月ぶりだろう・・・あまりに久しぶりなので、
途中で声が でなくなってしまったわ
まぁ、ぼちぼちと頑張る所存でございます。ちなみに『ARIA』
で す。

さて、タイトルの本題。
今日、仕事場に入ってメールチェックをすると、英語のサブジェ
クトがあり、『どうせ迷惑メールだろう』と削除しよ
うとしたの ですが、よくよく見てみるとなんか見覚えのあるタ
イトル。
『Angel Sanctuary』・・・そう、天使禁猟区。
最近、海外のサイトに日本のアニメのスタッフを取り上げている
ところがあって、そこからジャンプしてきたお客さんのようで。
まぁ、天使禁猟区に関しての質問だったりするわけですが、私は
海外の販売のことに関しては全く無知ですし、なかなかに答えに
くいものだったりするわけですよ。っていうか、海外のユーザー
の方って、製作サイドに割と気軽にメールで質問とかしちゃうも
んなんですかねぇ?(@□@)
冷静に考えてみるとこの方、もしかしたら今まで何度もメールし
て下さってたかもしれないんですけど、何せ『Angel』とかタ
イ トルについちゃうと、出会い系かと思っちゃうじゃない
ですか。
今回たまたまスパムガードにひっかからなかったので気付いたの
ですが、それでも一瞬捨てそうになっちゃったもの。
(^^;)


内容としては、この続きはどうなってんの?的なことで
す。アニ メ版を御覧になった方は御存知だと思いますが、アニメ版
は原作 の4巻までの部分をアニメの尺に応じてアレンジしたもので、
原 作の6分の一くらいの分量です。それだけ見た方が『未完結だ』
と思われても無理はありません。
どこの国の方かは存じませんが、ほんとごめんなさい。満足に答
えられませんで・・・結論としてどうしたかといいますと『続き
は是非原作コミックをお読み下さい』
と英語でお返しし
ました。
そのくらいしか応えようがないんです、ほんま。

つーて日本人のいたずらだったりしたら、まじムカツクね。
英語のメール打つのはそれなりの時間を要したわよ?きっとコンテ1枚
分くらいかかってるわよ?
もしそうだったらちょっとあんた、覚悟しなさいよ。何かするわよ。
そうね、法に触れないあたりで『呪う』とか。


06.6.1 記憶喪失になってしまえばいい
おいおい、なんだこのヤバいタイトル(^^;)

もう演出を始めて15年以上経ちますが、相変わらず自分の中で
せめぎ合いが続いています。
以前、日記か・・・もしかしたらレポートかもしれない・・・に
書いたと思いますが、私は演出になる前制作をしていました。
制作の仕事は簡単に言えばスケジュールの管理です。
アップしなければならない日は決まっているので、そこに作業を
間 に合わせるための段取りを組んで、それぞれのパートに
。もち ろん通達するだけでは不十分で、その通達通りに作業
が進んでいる か常に監視し、そうなるように手配をしなけ
ればなりません。
だから、現場の人間と制作とは本来相容れないものなんです。
現場の人間としては、時間をふんだんに(有効にではないところ
が ミソ^^;)
使って、細かに作品を作りたいのが心情です。し
かし、 決められたスケジュールがある以上は、そこに間に合わせる
ために 何かを切り捨てなくてはいけないのが現実
現場の人間には心情的にそれができないので、代わりに判断して
誘 導するのが制作のもっとも大きな役割だと
私は考えています。
そうやって役割分担をはっきりさせてお互いの主義主張
ぶつけあ ってこそ、作品のクオリティが高まるのだと思います。
現在、私は現場の人間です。現場の人間にならなくてはいけな
いの に、どうしても制作であった自分が切り離せずに
います。本来あっ てはならないことです。何故かと言えば自分の
中で勝手に限界を決 めてしまう
から・・・100%の力を封じて
しまうからです。
もっと粘って(お金も使って・笑)作品を作っていった方が、
自分 のためにもなるはずなのに、気付くと制作になってしまう自分
がい ます。周囲で大変なことになっていると、自分の持ち分で調整
して しまうような性分で、引いた目でみれば損をしていると思
います。
事実その自覚はずっと持っていて、時としてその不満を爆発させ
て 制作とぶつかることもありました。しかし、結局は調整役に自ら
ま わってしまう。
性格といえば性格。もうきっと直らな
いのでしょう
ね。
でももし今のスキルと日常の人間関係だけを残し、記憶喪失
なれ るのならばなってしまって、まったく性格の違う自分になってみ
た い。制作であった頃の自分を一切消去できるなら、誰か消し
てくれ ないかな〜
などと、変な妄想に耽る今日この頃。
ぶっちゃけ、演出より制作の方が向いてるのかもしれないのですが
それだけはできるだけ考えないようにしています(^^;)
だって演出が好きなんだもん
なんか面倒な性格ですが、今度入る『私が後込みした仕事』で、少
しは改善されることを期待している次第です。なので、制作様には
何卒御協力の程、よろしくお願い致します
懐広い会社さんだからきっと大丈夫でしょう。頼りにしています。


トップページに戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット